BUSINESS事業案内

ICTを活用したスマート農業アグリプロジェクト

ICTを活用したスマート農業 アグリプロジェクト

農業×ICT

1954年の創業以来、情報通信設備や通信ネットワークの構築を担ってきたシーキューブは、次世代に向けてICT(情報通信技術)を活用した新しい農業の形へチャレンジしています。ICTを活用したスマート農場で、高糖度ミニトマトの生産販売を行っています。データ分析によるきめ細やかな環境制御と、JGAPに基づいた衛生・品質管理により、安心安全でおいしいミニトマトを感動とともにお客様へお届けします。

image

新しい農業のカタチへの挑戦
環境モニタリングや自動環境制御による
ICTを活用した次世代農場

ハウス内の環境データをモニタリングし、AIを活用した収穫量予測など、実証実験を進めています。

栽培ハウス

ハウス外観

ハウス外観

ハウス内 栽培状況

ハウス内 栽培状況

環境モニタリングセンサー

環境モニタリングセンサー

データ解析システム

ハウス内画像AI解析カメラ

ハウス内画像AI解析カメラ

栽培状況モニター

栽培状況モニター

データ解析

データ解析

image

アイメック農法©を採用した甘くておいしいトマトづくり

適度な「ストレス」を与えると、植物が生きようとして、糖やアミノ酸をより多く出すメカニズムにより、「濃厚な甘み」と「豊かなうまみ」のプレミアムなミニトマトを生産しています。

  • 糖度は、通常トマトの約2倍
  • 高糖度で高品質なトマト
image

ICT活用

植物の成長に必要な「空気・水・光」の3要素をセンサーによる数値化により視える化を図り、各要素の状況を正確かつ効率的に把握・分析し、環境の最適化に向けて制御を行い、農業の生産性向上を実現する。

ICT活用

シーキューブさかほぎ農場は「JGAP」認証農場です。

「JGAP」認証

※ JGAP(ジェイ・ギャップ)は、Japan Good Agricultural Practice(日本の良い農業のやり方)の略です。

JGAP認証は良い農場の目印!

JGAPは適正な農場管理の基準を満たす農場に与えられる第三者認証制度です。

さかほぎ農場は、
120項目以上の審査項目をすべてクリアしています!

5つの取組み

  1. 生産工程を明確にし、食品安全の観点からリスク評価・対策に取り組んでいます。
  2. 地球温暖化防止対策、生物多様性や周辺環境への配慮、地域社会との共生などに取り組んでいます。
  3. 作業者の労働安全対策や労働事故の防止などに取り組んでいます。
  4. 責任体制の視える化、機械・設備の点検整備のルール化などに取り組んでいます。
  5. 法令の遵守、作業者の健康管理などに取り組んでいます。
シーキューブさかほぎ農場

シーキューブさかほぎ農場

  • 所在地

    岐阜県加茂郡坂祝町黒岩1440-1

  • 面積

    3,240㎡(テニスコート約12面分!)

  • 栽培品目

    高糖度ミニトマト (品種アイコ)

  • ブランド名

    スイートキューブ

  • 収穫期

    12月~6月

さかほぎ農場ホームページ