社員インタビュー

地域の産業をインフラで支え、
「ありがとう」の声が聞ける仕事。

ICT技術本部 アクセス部

I・T [2015年 入社]

I・T [2015年 入社]

鈴鹿エリアに、最適なネット環境を提供する。



社会インフラを支え、東海地方に強い基盤を持っていることに魅力を感じてシーキューブに入社しました。入社後は一貫してインターネット関連の仕事に携わり、現在は三重エリアの法人様にインターネット回線を提供する業務を行っています。営業を介して要望が来ると、まずは現場に赴いて開通に向けての調査を行います。そして問題がなければ工事方針やスケジュールを組み立てていきます。ショッピングモールの新規立ち上げなど、ビル1棟分の開通工事を行うこともありますが、2~3日ほどで集中して完遂しています。





自分のアイデアを生かすことができる醍醐味。

この仕事の醍醐味は、柔軟な発想を駆使したプランニングにあります。お客さまの要望で壁に穴を開けられず最初に想定した回線ルートが使えない場合には、エアコン用の穴を活用して別ルートを提案するなど常に複数のパターンを想定して商談に臨んでいます。お客さまから感謝の言葉を直接いただける環境も、仕事のやりがいにつながっています。また、担当エリアは先輩と私の2名に一任されているため、仕事の裁量が大きく自分のアイデアを存分に活かすことができ、仕事のペースも自分でコントロールできる職場です。





休暇を利用してライブや旅行を楽しむ。

近年の働き方改革の流れに沿って、有給休暇が以前よりさらに取得しやすくなりました。工事スケジュールもある程度は調整できるので、計画的に休みをとって好きなアーティストのライブに行ったり友人と旅行を楽しんだりしています。また、担当エリアは先輩と2人で業務を担っていますが、本部で広域のマネジメントを行う課長も定期的に現場へ足を運んでくれます。トラブルや困りごとがあれば気軽に質問・相談ができる社風もシーキューブの特徴です。