農場のこだわり

さかほぎ農場について

農業× ICT

私達、シーキューブ株式会社は創業以来、情報通信(ICT)の
発展に携わってまいりました。
その経験を活かし、ICTを活用した『新しい農業の形』を
目指しています。
新しい農業技術であるアイメック®農法とICTを組み合わせた
『次世代型農業ハウス』による高糖度ミニトマトの生産を行っています。

農場風景
  • 生産時期 12月初め~7月初め
  • 生産方式 アイメック®農法
  • 生産量 年間19t(1期目)2期目以降増産予定
  • ハウス面積 3,240㎡
  • トマトについて
  • アイメック®農法について

私達が美味しいトマトをつくっています

相川 農場長 写真

相川 農場長

お客様においしさの感動を味わっていただきたい一心で、
毎日、一生懸命トマトと向き合っています。

さかほぎ農場トマトができるまで

苗床の出来上がり→栽培ベッドを作っています→苗を植えて→収穫できました

設備

ICTを活用した生産設備

気温、湿度、日射量などのハウス内の環境をリアル
タイムで監視し、トマトが元気に育つよう、
適切な栽培環境の維持に向けた管理を行っています。
同時に、トマトのおいしさのポイントとなる養液に
ついては、センサーによる計測管理など養液の
徹底した管理を行い、安定した高品質のトマトの
生産につなげています。

設備 写真
  • 養液給液システム / 養液コントローラー
  • 環境モニタリングセンサー / 養液センサー

安心・安全なトマトを目指した取り組み

安心で安全なトマトを皆さまにお召しあがりいただくために
さかほぎ農場では、食品衛生管理の取り組みを進めております。

  • 農場内は、土足厳禁としたクリーンな環境です。
  • 農場入口に前室を設け、二重扉により虫の侵入を防いでいます。
  • すべての作業に手袋を着用して作業しています。

坂祝町について

坂祝町は、岐阜県の中南部に位置し、美濃加茂市、関市、
各務原市に隣接している面積12.87平方キロメートルの町です。
町の南部を木曽川が流れ、中央部は丘陵が占め、水と緑に
囲まれています。
名産物はトマトやセントポーリア(花)があります。
町の西部に位置する猿啄城跡からは、木曽川の清流を
中心に四季折々の景色を楽しむことができます。

坂祝町

さかほぎ農場アクセス

アクセス

住  所
岐阜県加茂郡坂祝町黒岩字東野1459-1
電話番号
052-332-8010
052-332-8010